僕にとってのNewOrder

NewOrderを知ったのはYouTubeサカナクションを鬼のように聞きまくってたとき、<あなたにおすすめ>としてDaftPankと一緒に、ときどき見かけるようになったことからだったように思う。

Blue Monday のジャケットカバーは、色彩、図形ともにシンボリックで、blue monday という曲名も意味深。

数回見かけるうちにどんな曲かもわからないのに覚えてしまっていた。

 

聞いてみてビックリしたのはイントロだけで2分もあることだった。そんな曲聞いたことない!!。こっちの意味でも聴いたことない!。ボールが弾む音のようなドラムのリズムが一定して続くのも斬新だった。

 

そして、彼らの演奏スタイル。どの映像を見ても楽しそうに演奏している姿が見当たらない。どこか悟りきっているかのようにさえ見えるその姿はクールに見えました。

 

How does it feel ?

少しでも聴いてみて下さい。

ピアノ少し覚えた

ピアノで魔女の宅急便の海の見える街を少し引けるようになった。

 

そこで気がついたことが❗

behind the maskの譜面の載っている動画を見つけたので、それを見ていたら主旋律とでもよぶのかサビの音について今まで聞いていた限り単音だと思っていたのが2つか3つの和音だった。

 

半年前ほどに新宝島の譜面つき動画を見て真似たときも聞いている限り単音だと思っていたものが和音で弾いてみると確かにその音になっていた。

自分で弾くぶん和音の鍵盤を押すとき毎回3つのタイミングがかわるので気持ち良かったのを覚えてる。

 

気がついたことは

楽器を弾けるようになってできることもあるけど、演奏できないからこその世界があったというか、知ることができることもあると思った。

 

behind the maskのピアノリンク

https://youtu.be/IHGPNrIFu18

不快な音

黒板を爪でひっかく音は不快。

なぜ不快に思うか探してみた。

Webページによるとそのときの音の周波数は

2000~4000Hzでこれが日常で使う会話の音の高さのちょうど半分に当たるそう。さらに耳の機関の外耳道の構造がちょうど増幅しやすい構造になっている説やニホンザルが警戒するときに出す声の周波数ににているなど様々。

これまででは、はっきりとした真実はわかっていない。

参考サイト https://matome.naver.jp/m/odai/2140232431843498701

シンセサイザーでの音作り

<03>モジュールその2

フィルタ

指定した周波数帯のみを通過もしくは遮断させ倍音構成を変化させる。

フィルタタイプ

主にローパスフィルターが一般的。指定した周波数より低い音のみを通す。

☆レゾナンス

指定した周波数周辺の音を強調させるシンセの技法。

 

ノコギリ波は見た目同様とがった音になる。THE END OF ASIAのサビっぽい音色。

 

矩形波は古いゲームの効果音のよう。電気グルーヴのハイスコアに出てくる音ににている。

参考動画 https://youtu.be/kskWH93sLM0

シンセサイザー での音作り

モーグシンセから調べてみよう

1964年 見本市で一般公開

〈最終目標〉 電子部品に電気を流して演奏する。

方式 減算合成     もとからある波形を切り取り                          ながら音を作る

         加算合成

 

モジュール

役割を持ったシンセ装置の最小単位。

例えば特定の周波数成分を削るとか。

通常つまみを使って行うらしい。

 

オシレータ

音波の生成をする。

何種類かの波形から選び周波数を変える装置

波形には ノコギリ波 三角波 サイン波 短形波 パルス波 ノイズ etc がある。

図をかけないのが残念。

    ノコギリ波の特徴として、すべての整数次倍音を含むことが挙げられている。明るくシャープな音色と表現されていた。

       短形波の特徴として、すべての奇数次倍音を含むことが挙げられている。1次3次5次。木管楽器やベルのような音と表現されていた。

三角波の音の特徴

     フルートやオカリナのような音と表現されていた。

パルス波

        古いゲーム。ファミコンの音に似ていた。

サイン波

      柔らかい。基音のみの純粋な音。

ノイズ

   音程音色などの概念をつけれないもの。

周波数成分の割合によってピンクノイズホワイトノイズなどに分けられる。

 

☆デチューン(Detune)

半音以下のとても僅かずれた周波数のオシレータ同士を複数重ねることで豊かなうねりが生まれ、音に広がりや厚みが生まれる。

個人的にはYMOの東風の入りの音のうねりに似ている印象を持った。

 

※参考動画    https://youtu.be/5zR_5yZJYwM